西洋占星術

西洋占星術

西洋占星術は、五千年前にバビロニアにおいて発祥したと言われています。

紀元前2千年頃に天の星々と神々を結びつけることが行われ、天の徴が地上の出来事の
前兆を示すという考えも生まれたんだそうです。。

現代にも引き継がれている星位図を描く占星術は、天文学が発達し、惑星の運行に関する
知識が蓄積していった紀元前1千年紀半ば以降になって興ったそうです。

その為、この頃も含め、古来、天文学と占星術の境界の曖昧な時代は長く続いてしまいました。
元々は暦のために整備された獣帯を占星術と結び付けることも、そのころに行われたんだそうです。

ちなみに現存最古の星位図は、楔形文字の記録に残る紀元前410年の出生星位図なんだそうです。
ただし、この時点では、後のホロスコープ占星術に見られる諸概念はほとんど
現れていなかったんだそうです。

その後、西洋占星術はメソポタミア、アッシリア、カルデアと伝承され発展してきました。

また現代に伝わる、占星術はアレキサンドリアの占星術師トレミーと言われています。
彼は、紀元前二世紀頃に占星術を集成体系づけた人物です。その本は「テトラビブロス」。
占星術のバイブルとされています。

ちなみに西洋占星術は、シルクロードを通り、東シナ海を渡り平安時代の日本にも
伝わってきたのですが、菅原道真の反対で姿を消し、一部の陰陽師が家伝として伝える
のみになったがいつしか消えたという歴史もあるそうです。