バストアップクリームの効果は成分によって異なるらしい

バストアップクリームの効果は成分によって異なるらしい

胸が小さいことに悩んでいるけど、手軽に豊胸手術には手を出したくないし、サプリメントも信用できないという方は、バストアップクリームを試してみてはいかがでしょうか。

バストアップクリームは色んな種類が売られていますが、含まれている成分によって大きく分けて2つに分けられます。

ひとつは女性ホルモンを活発にするタイプで、「プエラリア」や「イソフラボン」、「ボロン」といった女性ホルモンに働きかけて乳管や乳腺を成長させる効果が期待されているバストアップクリームです。

もうひとつは、脂肪を増やすタイプで、「ボルフィリン」や「アディフィリン」という塗り込んだ個所に脂肪を増殖する効果を持つ成分を含んだバストアップクリームです。

バストアップクリームには上記の成分だけでなく、美容効果を持つ「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」なども含んでいるため、肌の保湿なども期待できます。

副作用なども気になると思いますが、バストアップクリームで最も多く起きる可能性のあるものが「肌荒れ」や「湿疹」といった肌に関するトラブルなので、使用前に必ずパッチテストを行うことで未然に防ぐことができるため、安全にバストアップを目指すことができますよ。

興味がある方は、バストアップクリームを一度試してみることをオススメしますよ。